仁城義勝の漆

2016.12.3 sat – 2016.12.11 sun
作家在廊日/3日~6日(6日の在廊は午前のみ)
open/10:00~20:00 会期中無休

仁城さんの一年は、1月の木取りから始まります。
板からどのうつわを削るかを決めながら、
大きいものから小さいものへと取ってゆきます。
3月になると荒ぐりという、
大まかな形に削っていく仕事、4月から6月は木地づくり。
7月から9月が漆を塗る仕事。
そうして10月に塗り上がったうつわを持って、12月までは「行商」。
〝僕はこの、行商という言葉が好きなんですよ。
手渡す感じがするでしょう〞と、仁城さんはおっしゃいます。
〝できたてですよ。〞とうつわが並ぶ9日間。
ぜひ手に取って、感じてください。

20161121001 20161121002

PDFをダウンロード(482KB)

28. 11月 2016 by STAFF
Categories: 日々 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です